スポーツ外傷/障害

野球

野球

野球は、使い過ぎなど過度の負担による肩関節障害の総称である、野球肩・野球ひじを始、腰椎捻挫・腸脛靭帯炎・背中の肉離れ・打撲・指関節捻挫・突き指などがあります。
特に、肩関節周囲の組織が損傷して痛みがでる野球肩は、筋肉・腱・靱帯など部位がさまざまなので、正確な診断が求められます。

野球による症状例

野球肩
野球の投球動作で生じる肩の痛みです。
関節包や肩関節に付着する腱、筋の損傷によるもので、損傷の部位によって、肩の前方、または後方が痛みます。
この野球肩といわれる状態には、次のような損傷が含まれています。
野球ひじ
ボールを投げる動作は、単なる肘の曲げ伸ばしだけでなく、ひねりの動作も加わり、肘の関節に強いストレスが加わります。
成長期の場合、関節軟骨・筋肉・骨は未熟で弱く、この時期に投球動作を繰り返すと当然障害が発生しやすくなります。
あまり症状がないまま障害が進み、痛みがでた時には手遅れになっていることもあるので、注意が必要です。
腰椎捻挫(ぎっくり腰)
腰の痛みだけでなく、お尻や脚にしびれや痛みが生じる、坐骨神経痛を併発することもあります。
レントゲン検査やMRI検査では異常が見当たらないことが多く、病院や整形外科では軽視されがちで、湿布や痛み止め薬のみの治療になることもあるようです。
湿布や痛み止めだけでの治療では、適切な治療とはいえず、慢性腰痛を抱える後遺障害を残すこともあります。
腸脛靭帯炎(ランナー膝)
腸脛靱帯炎は、ランニングによる膝障害の代表です。
膝の屈伸運動を繰り返すことによって、腸脛靱帯が大腿骨外顆と接触して、炎症(滑膜炎)を起こし、疼痛が発生します。
特に、マラソンなどの長距離ランナーに好発します。(他には、バスケットボール・水泳・自転車・エアロビクス・バレエ等)